インコタームズ


インコタームズまたは国際的な商業用語は、世界中で広く使用される国際販売条件のシリーズです。彼らは、買い手と売り手の間の取引コストと責任を分割するために使用されます。

EXWのEx Works(という場所)
FCAの無料キャリア(場所の名前)
舷側にFAS無料(ロードポート付き)
オンボードFOBフリー(ロードポート付き)
CFRのコストと貨物(宛先ポート付き)
CIFの運賃保険料込み条件(宛先ポート付き)
CPTの輸送費込み条件(目的地の名前)
CIPの輸送費保険料込み条件(目的地の名前)
DATは(宛先のポート、または場所でターミナルという)ターミナルで配信
DAPは(仕向地という)場所で配信
DDPは仕向け地持ち込み渡し·関税込み(地という)

EXW – EXワークス
これは、合意された売主Xは日に彼の構内でコレクション用の準備ができた商品(作品、工場、倉庫、工場)を有していることを意味します。バイヤーはすべての交通費を払って、最終的な宛先に商品を持って来るためにすべてのリスクを負担する。この用語は、買い手がほとんど不可能で、これらの日は、供給国で輸出手続きを行うことができなければならないことが必要です。したがって用語はEXWを引用され、ほとんどのケースで、彼らは実際に売り手が正しい用語は、FCA(売主の敷地)であることを意味する輸出手続を遂行していきます。

FCA – 自由キャリア
売主は、第1のキャリアの親権に商品を提供し、リスクが売主から買主に移転する場所です。バイヤーはインコタームで命名場所から輸送代金を支払う。地名は、仕入先の荷受場所から輸出港にどこでも構いません。輸出国での通関の何か問題やコストがある場合は、売主は、訂正し、それらを支払う責任があります。このような船のレールが出荷時点を決定する際に、関連する役割を果たしていない輸送用コンテナのような複合輸送を含む輸送機関のすべてのモードで使用することができます。 FCAはまた、航空貨物の取引のためのFOBの代わりに使用する用語です。

FAS – 船側渡し
これは、売主が船積港への物資の輸送のために支払うことを意味します。買い手には、宛先のポートからの彼の工場へのロード費、運賃、保険、荷揚げ費用と輸送を支払う。商品が出荷港で岸壁に配信されたときにリスクの受け渡しが発生します。

FOB – ボード上の無料
用語本船渡し(FOBしばしばとして表示されます)商品を出荷するとき、一般的に積載と輸送費を支払う人を示すために、使用され、および/または買い手に荷主から貨物の転送で責任点。 FOBの出荷は、商品の所有権/負債は、商品が出荷ポイントが配信されるように交差時に売主から買主に移転する際に使用される用語です。 FOB到着地売り手は買い手が占有をするまで、商品の責任であることを指定します。これは、紛失または破損した商品の責任者を決定するのに重要である時、売主から買主へのトランジットインチ本船渡し出荷を出荷したバイヤーは責任があると到着地を出荷した場合売り手は責任があります。 CAP、または顧客配置ピックアップは、買い手が商品をピックアップして自分の好きなキャリアを手配し、すべての被害あるいは損害について責任が買い手に属していることを示すために使用されます。

CFR – 費用と貨物
それは売り手がロード(POL)、ローディングおよび貨物の港への輸送のために支払うことを意味します。バイヤーは彼の工場に放電(POD)の港からの商品の保険や輸送代金を支払う。損失のリスクは買い手に売り手からシフトし、誰が貨物の費用を支払う。商品は、この用語は航空貨物または陸上輸送に使用することができないことを意味し、また、ほとんどのコンテナ海の出荷台数としては不適切である船積港で本船の手すりを通過した時、リスクの受け渡しが発生します – 用語CPTは、これらのために適切なものである。

CIFの – 運賃保険料込み条件
海上輸送が使用されている場合、国際取引で遭遇する可能性がある販売契約における一般的な用語です。価格はCIFを引用されているとき、それは販売価格が原価、輸送費や輸送費、また、海上保険の費用が含まれていることを意味します。 CIFは、国際商取引の用語(インコタームズ)です。 CIFはコストと貨物(CFR)と最も細目で同一であり、同一のコメントは、従来の海上輸送への適用を含め、適用されます。 CFRの責任に加えて、CIFの下で売り手が評判の保険会社と輸送のリスクをカバーするために譲渡する形で海上保険のポリシーを取得する必要があります。ポリシーは、CIF価格プラス10%と考えられる契約の通貨であるをカバーする必要があります。ごく基本的なカバーは研究所の “C”の句に相当必要であることに注意して、バイヤーは、通常研究所 “A”の条項の下でそのようなことのように政策の “オールリスク型”にこだわる必要があります。商品はボードの出荷容器に配信されたときに商品のため、売主の責任は終了します。インコタームズ2000年に発表されたCIFのためのガイドラインでは、用語 “担体”は表示されず、それは明らかに、CIF売り手が希望する場合に使用する間違った用語を作りました “売り手はボード上の船積港における船舶の物品を引き渡さなければならない”としています彼らはローディングの港で本船の手すりを通過する商品の前にキャリアの手に商品を渡すときに終わらせる責任。取引の大多数でより正確な用語は、CIPである。この用語は、従来の海上輸送ではなく、RO / ROまたは国際コンテナの動きにのみ適しています。

CPT – に支払わキャリッジ
これは、複合輸送を含む輸送のすべてのモードで使用することができます。売主は、指定仕向ポイントに運賃を支払います。買い手は保険のために支払っている。商品は第1のキャリアの親権に配信されたときにリスクの受け渡しが発生します。

CIP – に支払わキャリッジと保険
トランスポートのいずれかのモードで使用可能インコタームです。商品は第1のキャリアの親権に配信されたときにリスクの受け渡しが発生します。これは、バイヤーはすべてのリスクとdelivered.It売主が、保険を支払うことを除いて、CPTと同じですので、品物があった後に発生したすべての追加費用を負担することを意味します。売主は最低限カバーに保険を取得する必要があり、追加のカバレッジはバイヤーの責任であるか、または売り手と買い手の間で合意されなければならない。 CIPの売り手の下でも、輸出のために物品を通関する必要があります。

DAT – ターミナルで配信
それは、かつて交通の到着手段から降ろさ商品は、指定仕向港または場所に名前tarminalで買主の処分に委ねられた時、売主が提供することを意味します。ターミナルは、岸壁、倉庫、コンテナヤードや道路、鉄道、航空貨物ターミナルとしてではなく、覆われたりするかどうか、任意の場所が含まれています。売り手はに商品を持ち込み、指定仕向港または場所に端末にそれらをアンロードに関わるすべてのリスクを負担する。 DATは、売り手が該当する場合、輸出のために物品を通関する必要があります。しかし、売り手は、輸入のために物品を通関あらゆる輸入関税を支払うかどの輸入通関手続きを遂行する義務を負わないものとします。

DAP – 場所で配信
それは、商品が指定仕向場所に搬出するための準備ができて輸送の到着手段に買主の処分に委ねられた時、売主が提供することを意味します。売主は、指定された場所に商品を持って来ることにかかわるすべてのリスクを負担する。 DAPは、売り手が該当する場合、輸出のために物品を通関する必要があります。しかし、売り手は、輸入のために物品を通関あらゆる輸入関税を支払うかどの輸入通関手続きを遂行する義務を負わないものとします。

DDPは – 仕向け地持ち込み渡し·関税込み
それは売り手がすべての輸送費を負担し、すべてのリスクを負う商品の配信が完了するまでと義務を支払うことを意味します。また、用語 “フリー本籍”と交換可能に使用。